1. TOP
  2. 3月の引越し相場

3月の引越し相場

ピックアップ この記事は約 4 分で読めます。 454 Views

引越しが1年中で最も頻繁に行われるのは春の3月と4月の上旬になります。この理由は明らかですよね。就職や転勤、新入学などの人生の転機とも言える大イベントが日本の場合は春に集中するからです。必然的に引越しが3月にドッと行われることになるのですね。

そして肝に銘じておきたい大事なことがあります。引越し料金とは混雑する時期に値段を高くします。値上げは誰がするのかといえば引越し業者なのですが、一応は臨時職員を雇ったりするコストの上乗せだろうと言われていますが、正直よく分かりません、儲け時ということで値上げしているのでは?とも思えますが・・・。

繁忙期の引越しは料金値上げというのが相場です。

一年のうちでも引越しの繁忙期は3月というのは誰でも知っていることです。これは企業や学校の年度末が3月であることが大きく影響しています。年度末3月であることによって3月は人の動きが活発になって、それこそが引越しが一年のうちで最も多い月となっているのです。ですから3月に引越しをする際には引越し会社の確保が一番の目標となることはいうまでもありません。

それでも引越しの内容によっては引越しを断られることがあるくらい立場としては引越し会社のほうがお客さんである利用者よりも高いことがよくあるのです。予約で一杯になると引越しの内容いかんの前にまずは断られることは必至となります。それでは引越しの内容とはどういうものなのでしょうか。それは、繁忙期は少しでも多くの引越しをこなさなくてはならず効率が最優先されます。

ですから、引越しも梱包などの準備を利用者側が行うことが前提となることが多いのです。そうしてもらうことによって一日に1回の引越し回数をこなしていたものが一日に2回の引越し回数をこなすことができるようになるからです。3月はとくに引越しの効率化が優先されますので引越しの前準備である梱包などがしっかりされていることが最優先とされるのです。特に単身者の場合は梱包がしっかりしていないとアピールにもならないといえるでしょう。それでなくても3月は引越し会社の確保が難しいのでそれなりの準備も必要ということですね。

臨時でバイトを雇って仕事をさばくのが3月の引越し

3月は至る所で引越し会社のトラックをよく見かけます。とくにトラックのボディに「引越し・・」と大きく書かれているので嫌でも目についてしまいます。

そのような引越しのトラックには何人も引越しのスタッフが乗っていることも目につくことでしょう。引越しにはできれば多くの引越しスタッフでとりかかれば作業も楽ですから引越しスタッフ一人ひとりの負担も軽くなります。

しかし、多くの引越しスタッフで一つの引越しをまかなってしまうと引越し料金がとてつもなく高くなってしまうことでしょう。引越し料金の多くは人件費です。引越しをする際に引越し料金の見積もり査定をする人は、引っ越す荷物の量をみて、これなら引越しスタッフが何人必要で、何時間で終わるという算段をします。時間と引越しスタッフの人数で引っ越し料金の見積もりを出すのです。

もちろん引越しの荷物の量も引越し料金を決める大きな要素でもあるのですが、それと同じくらい大事なのが引越しスタッフの人数なのです。そしてそのスタッフの中には繁忙期となるとアルバイトスタッフも入れなくてはいけません。アルバイトスタッフが多くなると引越しの作業の質がどうしても下がってしまいますが、それは繁忙期といわれる3月では仕方のないことなのです。なにしろ次から次へと来る引っ越しの依頼に対応しなくてはいけないので、それらに全て対応することは難しくてもできるだけ多くの引越しをこなしていかなくてはいけないからです。

\ SNSでシェアしよう! /

東京と福岡間の引越し料金を安くするならコレ!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東京と福岡間の引越し料金を安くするならコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 引越し業者を選ぶ時、いろいろ調べれば分かってくる!

  • 自動車やバイクをどうします?

  • 東京-福岡の単身引越し【パック・プランの料金】はいくら?

  • エアコンの匂い対策とクリーニング【住まいと暮らしの知識】

  • 引っ越しは要らないものを処分するチャンスです。